戦争する国づくりストップを!
鶴見から日本共産党の新風を
神奈川県議会議員

木佐木ただまさ

きさき 忠晶

県政転換QandA

Q7.人口減少時代への対策は?【県政転換Q&A】

2015年4月7日

Q.人口減少時代への対策は?
A:県の人口は昨年、出生数が死亡者数を下回り、初めて「自然減」になりました。人口減少時代への対応策は?  
若者が住んでよかったと実感できる施策が重要です。安定した雇用環境とゆとりを持って生活できる賃金が必要です。また出産・子育ての経済的な負担や仕事との両立などの条件をクリアしてこそ、結婚して子どもを産み育て住みつづけたい神奈川となるのではないでしょうか。
そのための施策として、小児医療費無料化を中学卒業まで広げます。

幼稚園・保育園の保育料負担軽減、認可保育所増設による待機児の解消、誰もが30歳になった時に年収300万円を超えて結婚・子育てができるように、これの保障となるディーセントワーク条例を制定して、非正規から正規化促進支援制度創設などを実施します。

rounyakunannyo

※このQ&Aは、日本共産党も参加する「平和で明るい神奈川県政をつくる会」で作成されたものです。

会より、県知事選挙に岡本はじめさんが立候補しています。岡本はじめさんとタッグを組んで、住民の要求に光をあてた県政へと転換を求めていきます。