戦争する国づくりストップを!
鶴見から日本共産党の新風を
神奈川県議会議員

木佐木ただまさ

きさき 忠晶

県政転換QandA

Q2.子育てしやすい神奈川にするには?【県政転換Q&A】

2015年4月7日

Q.子育てしやすい神奈川にするには?
A:子育ての経済的負担感を軽減するために、子どもの医療費無料化を中学卒業まで引き上げ、一部負担金を廃止します。

幼稚園・保育園の保育料負担を軽減し、減免制度を拡充します。3カ年計画で認可保育所増設により真の待機児の解消をはかります。

誰もが30歳になった時に年収300万円を超え、結婚・子育てが出来るようになるためにディーセントワーク条例を制定して、リストラ・ブラック企業、不払い残業、長時間労働を規制します。

また非正規から正規化促進支援制度を創設します。

akachan_family

※このQ&Aは、日本共産党も参加する「平和で明るい神奈川県政をつくる会」で作成されたものです。

会より、県知事選挙に岡本はじめさんが立候補しています。岡本はじめさんとタッグを組んで、住民の要求に光をあてた県政へと転換を求めていきます。